40代からの転職は攻めの姿勢が大切。

 年齢によって転職という捉え方は移り変わっていくものです。20代や30代の頃と違い、40代となると応募できる求人の案件も少なくなる傾向は確かにあります。しかし実際には、人材を求める企業側にもキャリアが豊富な40代以上の世代を積極的に求める場合も少なくありません。それだけ現在は経験を重視する企業が増えていると言えるでしょう。

 

 年齢的に臆するのではなく40代の転職こそ「攻めの姿勢」が大切なのです。40代の転職ではこれまでのキャリアをしっかりと見直しておくことが重要です。企業側が求める人材像も年代によって違うものです。自分がこれまで積み上げてきたキャリアを客観的に自己分析してみることをお薦めします。

 

 この自己分析の過程において、自分自身でも気づかなかった意外なキャリアやアピールポイントを見出だせる場合も多々あるのです。同時に現在の自分の生活環境や家庭のことを鑑みて、求める転職先のイメージを明確にしていくことも重要です。40代の転職の場合は家庭を持たれてる場合も多いため、独身の時とは違い必要な収入などの条件も変わってくるものです。そういった様々ば諸条件を総体的に捉えていくことが、応募先の企業選びにも役立っていくでしょう。

 

 また、40代での転職では自分のキャリアを最大限に活かせるように人材紹介サービスなどの利用を検討すると良いと思います。中高年の転職希望者には、転職活動をする中で孤独を感じる場合もあります。このような場合は特に、適切なアドバイスを受けることや転職先のマネージメントをしてくれるエージェントのサポートを受けたいものです。

 

【特集記事】
未経験可の転職サイト
未経験の職種に転職を考えている方におすすめの転職サイト

 

日本経済新聞

 

 それには客観的な意見を取り入れることができる効果もあります。自分では気づかなかったキャリアの活用に気づくこともあるのです。転職を取り巻く環境は変化しています。中高年を積極的に採用する企業が増えてきている今こそ、攻めの姿勢を貫きたいものです。